13年目保育者がまた読みたい!10月に読むべき絵本6選

絵本

実際に保育現場で13年間で計4000回以上絵本を読んできました!

その中から、
「10月にもう一度子どもたちと読みたい!」
「他の保育者にも手に取って読んでもらいたい!」
という視点で、厳選してまとめた✨

一冊でもまだ知らない絵本と出会って頂けたら嬉しいです⭐️

目次

① もりいちばんのおともだち (4・5歳児向け)

② どんぐりざかのあそびうた (3・4歳児向け)

③ おいもさんがね・・ ( 1・2歳児向け)

④ やまのバス (3・4歳児向け)

⑤ マルチンとかぼちゃおばけのまほうのたね (4・5歳児向け)

⑥ ポルカちゃんとまほうのほうき (3・4歳児向け)

① もりいちばんのおともだち (4・5歳児向け)

小さなものが好きなクマさんと、大きなものが好きなヤマネくんは、出会ってすぐになかよくなりました。 甘いものに目のないふたりがケーキ屋さんでケーキを食べると、店長が苗のプレゼントをくれました。 クマさんは小さな苗を、ヤマネくんは大きな苗をえらんで、いっしょうけんめい育てると・・・・・・。

(出版社: 福音館書店より)

② どんぐりざかのあそびうた (3・4歳児向け)

うさぎの家族がピクニックに行くと、どんぐりがいっぱいで大よろこび! すべって拾って、みんなであそびます。 そして帰り道は・・・。

もりのうさぎのうたえほんシリーズ第2弾

(出版社: あかね書房より)

③ おいもさんがね・・ ( 1・2歳児向け)

いもさんたち、つるを力いっぱいひっぱったら···

「すっぽーん!」 ごろごろ坂をころがって、 “ぼっちゃ~ん”水におちてしまいました。 「ひゃ~つめたい」。 寒くてたまらないおいもさんたち、おちばのふとんにもぐりこ んだら・・・ 「しんぱいごむよう!」 “ぽっぽっぽっ”と火がや ってきました。ぽっぽっぽ。 ほっこりおいも、できあがり。さあ、どうぞ。

身近な食べ物たちが動きだす、 楽しい食育絵本。食事の時間が楽しくなります。

(出版社: 童心社より)

④ やまのバス (3・4歳児向け)

やまださんは、”おくやま行き”のバスの運転手です。

しかし、お客さんが少なくて、バスは明日から廃線になってしまいます。25年もバスで通った道を、山の上からながめて、やまださんは悲しくなりました。

「誰でもいいから乗ってくれたら、バスはなくならないのに」。そのつぶやきを聞いていた動物たちがいました………。

あたたかな木版画のタッチで、 レトロな風景を描きます。

(出版社: 佼成出版社より)

⑤ マルチンとかぼちゃおばけのまほうのたね (4・5歳児向け)

気弱なマルチンが、妖精からもらった「まほうのたね」で、自分のにがてな、おねえさんや先生、近所のワルガキたちに立ち向かいます。

・日本図書館協議会選定図書

・厚生労働省社会保障審議会推薦図書

(出版社:あかね書房より)

⑥ ポルカちゃんとまほうのほうき (3・4歳児向け)

ポルカちゃんは、小さなまじょの女の子。きょうはお かあさんから部屋のそうじをたのまれました。

でもポルカちゃんは、家のほうきがちょっぴり苦手。「おそうじしよう」と声をかけたら、やっぱり「やだ!」って、逃げだしていきました。あわててしがみついたポルカちゃんをつれて、むちゃくちゃに飛びまわるほうき。ガツン!と森の大きな木にぶつかって、えが折れてしまいます。

ポルカちゃんとほうきは、仲直りできるでしょうか?

(出版社: あかね書房より) 

いかがでしたでしょうか?初めての絵本に出会うことはできましたか?

最後まで読んでいただきありがとうございます!