14年目保育者がまた読みたい!6月に読むべき絵本6選!

絵本

6月は、じめじめとした梅雨の時期で雨が多い時期ですよね。

雨の日こそお部屋でゆっくりと子どもたちと絵本を読みますよね!

今回は、実際に保育現場で子どもたちと計4000回以上絵本を読み、

「もう一度子どもたちと読みたい!」

「他の保育者の方々にも手に取って読んでもらいたい!」

という視点で、6月にオススメの絵本を6つ紹介します!

ぜひお気に入りの1冊を見つけて下さい☆

目次

  1. ぞうくんのあめふりさんぽ(3・4歳児向け)
  2. おじさんのか(3・4歳児向け)
  3. あめのもりのおくりもの(4・5歳児向け)
  4. あめのひのえんそく(3・4歳児向け)
  5. 999ひきのきょうだいのおひっこし(4・5歳児向け)
  6. パパとあたしのキャンプ(4・5歳児向け)

1.ぞうくんのあめふりさんぽ (3・4歳児向け)

作・絵:なかの ひろたか

出版社:福音館書店

今日は雨降り。それでもぞうくんはごきげん。かばくんと一緒にお池の中を散歩します。

ところがお池は深くなって、泳げないぞうくんは困ってしまいます。

出版社:童心社より

2.おじさんのかさ(3・4歳児向け)

作・絵:佐野 洋子

出版社:講談社

雨の日におじさんが出会った素敵なできごと

りっぱなかさがぬれるのがいやで、かさをさそうとしないおじさん。

ある雨の日、子どもたちの歌をきいたおじさんは、はじめてかさを広げてみました。すると……。

出版社:講談社より

3.あめのもりのおくりもの(4・5歳児向け)

作・絵:ふくざわ ゆみこ

出版社:福音館書店

ばばばあちゃん直伝の野草よもぎのお料理

おおきなクマさんとちいさなヤマネくんシリーズの4作目、梅雨明け間近の夏が舞台です。

雷が鳴り響く大雨の日、雷が怖いクマさんが布団をかぶってふるえていると、ヤマネくんが、なないろ谷にあじさいを見に行こうと誘いにきます。

クマさんが断ると、ヤマネくんは独りで出かけていきました。

しばらくすると、川からあふれた水がクマさんの家の中に。

ヤマネくんが向かったなないろ谷は川の上流にあります。

「ヤマネくんがあぶない! 」クマさんは怖いのも忘れて走り出しました……ヤマネくんの運命はいかに!

出版社:福音館書店より

4.あめのひのえんそく(3・4歳児向け)

作・絵:間瀬 なおかた

出版社:ひさかたチャイルド

新しいお友だちとの出会いを描いた絵本

今日はバスに乗って遠足。でも朝からあいにくの雨。

ところが、目的地に着くと素敵な景色が待っていました。最後にあっと驚くさわやかな結末が待っているしかけ絵本。

出版社:福音館書店より

5.999ひきのきょうだいのおひっこし(4・5歳児向け)

:木村 研

:村上 康成

出版社:ひさかたチャイルド

住んでいた池が狭くなったので、広い池を探してかえるの大家族がお引っ越し。

途中、へびに出会ったり、とんびにさらわれたりでもう大変。

出版社:ひさかたチャイルドより

6.パパとあたしのキャンプ(4・5歳児向け)

作・絵:鈴木 永子

出版社:ひさかたチャイルド

パパとの初めてのキャンプ体験を通して、親子のふれあいとすこやかな子どもの姿を優しい筆づかいで描く夏の絵本。

出版社:ひさかたチャイルドより

人財育成協会の東京都保育士等キャリアアップ研修!

受講した保育士の満足度98%詳しくは画像をクリック

2023年度から受講必須化となっている保育士等キャリアアップ研修は、保育士等の専門性の向上、リーダー的職員の育成を目的とした制度です。

給与改善にもつながる制度で、月最大4万円程度のお給料アップします。

また、研修費用は支援制度の活用で抑えられるため、負担が少ないく、人財育成協会の場合は、受講料・テキスト代無料です。

人財育成協会の東京都保育士等キャリアアップ研修では、対面でグループワークなども豊富な研修ですので、身につきやすく現場ですぐに活かせる内容となっています!

気になる方は、研修一覧より詳細をご覧ください!