令和5年度
東京都
保育士等キャリアアップ研修
厚労省キャリアアップ研修ガイドライン準拠

受講満足度98%
※1000人以上のアンケート調査の結果

障害児保育

1日目:7月29日(月)
2日目:8月29日(木)
いずれも9:00-18:00(計15時間)
会場:新宿アイタウン会議室
都庁前駅歩5分
西新宿駅歩6分
新宿駅歩15分
参加費用:無料 (受講料・テキスト代 いずれも無料)

お申し込みはこちら ※LINE上で⾏います
研修を読み込み中

研修内容について

障害児保育

障害児保育に関する理解を深め、適切な障害児保育を計画し、個々の子どもの発達の状態に応じた障害児保育を行う力を養い、他の保育士等に障害児保育に関する適切な助言及び指導ができるよう、実践的な能力を身に付ける。

こんな方におすすめ!

  • 気になるお子さんがいらっしゃる先生
  • 他の子どもとの関わりに課題を感じる先生
  • 保育における合理的配慮を学びたい先生
障害児保育
学習時間15時間

研修内容

  • 障害の理解
  • 障害児保育の環境
  • 障害児の発達の援助
  • 家庭及び関係機関との連携
  • 障害児保育の指導計画、記録及び評価

特徴

完全無料!

完全無料!

受講料も、テキストも完全無料。
一流の講師陣による充実した研修内容!

楽しい!

楽しい!

長時間でも飽きない独自プログラム。
双方向性で楽しく、おもしろい!

すぐ仕事に活かせる!

すぐ仕事に活かせる!

現場をよく知る先生による講義で、
明日からすぐに活用できる実践的な内容!

開催概要

開催日時 1日目:7月29日(月)
2日目:8月29日(木)

いずれも9:00-18:00(計15時間)

会場
新宿アイタウン会議室
〒160-0023 東京都 新宿区西新宿6-21-1 アイタウン・プラザ 206号室              ※会場は7月オープンに向けいま工事中です。  会場が変更となる可能性もありますので、申し訳ございませんが、ご承知おきください。
会場への行き方
参加費

無料 (受講料・テキスト代 いずれも無料)

※ただし、
① 勤務している保育施設が東京都にある
② 処遇改善等加算Ⅱ対象者(副主任保育士、中核リーダー、専門リーダー、職務分野別リーダー、若手リーダー、および今後その役職につく見込みのある方)でない場合、受講料およびテキスト代として、1万円お申し受けいたします。
※ご自身がどの役職に該当するかについては、勤務先にご確認ください。

定員 20名(先着順)
注意事項 申し込み後、やむを得ない理由により申し込んだ講座をキャンセルされる場合はセミナー事務局までご連絡ください。
なお、当日無断キャンセルの場合は、今後の受講をお断りする場合があります。

【連絡先】
一般社団法人 人財育成協会 事務局
 電話:048-423-9597
 メール:info@human-resource.net
藤井 亘(ふじい わたる)
講師

藤井 亘(ふじい わたる)

NPO法人クローバー 事務局長
居宅サービス事業者ネットワーク 代表
(一社)東京都相談支援専門員ネットワーク 代表理事
(公社)日本発達障害連盟 常務理事

学生時代の終わりとともに、お笑いタレントのマネージャーや司会業をするも、
一緒に育ってきた知的障害の方々がどんどんと山奥の入所施設に入ってしまうことに違和感を覚え、
NPO法人を設立。現在は豊島区ほか様々な地域で活動中。障害福祉分野での様々な事業へ委員などで協力。
保有資格は、保母(現在の保育士)、幼児園教諭二種、介護福祉士など。

お申し込みはこちら

※定員になり次第、締め切り

上部ボタンをタップするとLINE QRコードが表示されます。
カメラでQRコードを写し、アカウントを追加してください。

公式LINEアカウントの登録をお願いします

公式LINEへご登録のうえ、研修の受講をお申し込みください。

近年、Gmailや携帯メールなどをご利用の方から、メールが届かない、見つからない、
迷惑メールに振り分けられて見逃してしまった、というお問い合わせが増えております。

LINEにご登録いただきますと、受講票など大切なご案内は、LINE経由でご連絡します。
LINE上で、研修のお申し込み・キャンセル・お問い合わせ等ができます。

こちらのQRコードをスマホのカメラで読み込んでください。

LINE

LINEアプリをお持ちでない⽅は ↓ こちらのフォーム ↓ からお申し込み下さい。

お申し込みはこちら ※LINEアプリをお持ちでない⽅⽤

人財育成協会の
保育士等キャリアアップ研修の
満足度 98%

障害児保育

どの人もそれぞれみんな性格は違う。でもデコボコが激し過ぎて社会にうまく適用出来ないところがある。
その子に合った発達を考え、個別の最適化を図っていけたら、どの子も幸せになれる。
そんな集団生活をしていきたい。

(東京都/Sさん)
障害児保育

日頃保育園で働いている中で必ず関わる分野です。周りの環境や支援の仕方1つで、パニックになることなく生きやすくなるってとても素敵だなと感じました。

(東京都/Kさん)
障害児保育

「〜したらだめ」などの否定的なことばかりに目が行きがちでした。自分の価値観や考えを押し付けず、相手の育ちや発達に寄り添い、個々に合った支援を行っていきたいです。

(東京都/Fさん)
障害児保育

自分のクラスはこだわりが強い子など配慮が必要な子が多いクラスです。 個々への配慮が、他の理解がゆっくりな子などにもいい影響になると学び、園でどんどん試していこうと思いました。

(東京都/Sさん)
障害児保育

感覚鈍麻だと、園の文具を上手く扱えなくて苦労していることがあります。 伝わらないからイライラするのではなく、子どもの気持ちを理解して、どう対応していけば意思疎通が取れるのかを考え、自分の気持ちもコントロールしていけるようになりたいと思いました。

(東京都/Iさん)