意外と知らない!?春の七草

自然

春の七草とは、1月7日に七草粥として食べる風習がある

7種類の野草のことです。

七草粥は、正月の疲れた胃を休めるとともに、

野菜が不足しがちな冬場に必要な栄養素を補う効果があります。

また、七草にはそれぞれに意味や効能があり、

古くから無病息災を願う縁起物とされてきました。

今回は、春の七草の種類や特徴を紹介します。

①せり

せり

せりはセリ科の多年草で、香りがよく、

食欲を増進させる効果があります。

鉄分やカルシウムなどのミネラルが豊富です。

せりは「競り勝つ」という意味があります。

②なずな

なずな

なずなはアブラナ科の二年草で、

畑や道端によく見られます。

別名はぺんぺん草といい、

花が咲くとぺんぺんと音がするのが特徴です。

なずなには解熱や整腸作用、利尿作用などがあり、

風邪や胃腸の不調に効果的です。

なずなは「撫でて汚れを払う」という意味があり、

邪気を払って清める力があるとされています。

③ごぎょう

ごぎょう

ごぎょうはキク科の多年草で、黄色い小さな花を咲かせ、

葉はふわふわとした毛に覆われています。

ごぎょうには咳を鎮めたり、痰を切る働きがあり、

喉の痛みや喘息に効果があります。

ごぎょうは「仏様の体」という意味があり、

仏様に近づくことができると信じられています。

④はこべら

はこべら

はこべらはナデシコ科の一年草で、

白い花びらに黄色い花心がかわいらしい花を咲かせます。

はこべらにはビタミンAが豊富で、

目の健康や免疫力の向上に効果があります。

また、胃の炎症や弱った胃にも効果的です。

はこべらは「繁栄がはこびる」という意味があり、

幸せや豊かさを呼ぶとされています。

⑤ほとけのざ

ほとけのざ

ほとけのざはキク科の一年草で、水田や湿地に生え、

葉はロゼット状に広がります。

ほとけのざには、ビタミンCやカルシウムなどのミネラルが豊富で、

風邪の予防や骨の健康に効果があります。

ほとけのざは「仏様が落ち着いて座ってらっしゃる」

という意味があり、仏様の座に見立てて名付けられました。

⑥すずな

すずな

すずなはアブラナ科の二年草で、

一般的にはカブと呼ばれます。

すずなには消化を助ける働きがあり、

胃腸の調子を整える効果があります。

また、ビタミンCやカリウムなどのミネラルも含まれています。

すずなは「神様を呼ぶ鈴」という意味があり、

神様の加護を得るとされています。

⑦すずしろ

すずしろ

すずしろはアブラナ科の二年草で、

一般的にはダイコンと呼ばれます。

すずしろにも消化を助ける働きがあり、

胃腸の調子を整える効果があります。

また、ビタミンCやカリウムなどのミネラルも含まれています。

すずしろは「汚れのない純白」という意味があり、

清らかさや清潔さを象徴するとされています。

月最大4万円程度のお給料アップ!無料・少人数制のオススメ研修

受講した保育士の満足度98%詳しくは画像をクリック