もっと早く知っておけばよかった!5つのストレス発散方法!

保育士あるある

保育の仕事は、子どもたちと関わるだけでなく、

保護者対応や製作物の作成、準備、事務作業、連絡事項など、

とても多くありますよね。

そのため、体や心にストレスが溜まりやすく、

腰痛や肩こりなどの不調を抱える方も多いのではないでしょうか。

まずは、目に見えない自分自身の疲労感を前回の

「もっと早く知っておけばよかった!疲労蓄積度チェック!」

で自己分析してみてね!

今回は、疲労感からくる、ストレスの発散方法を5つ紹介します!

ぜひ実践してみてね☆

目次

①運動する

②趣味を持つ

③リラックスする

④自然を感じる

⑤交流会やコミュニティーに参加する

①運動する

運動は、ストレス解消に効果的。

保育士でもできる簡単な運動としては、

ウォーキングやストレッチなど。

運動の目安は、

30分以上の運動を週2日以上行うことです。

運動を仕事前に行うと、

気分をリフレッシュして仕事に臨むことができ、

仕事の後に行うと、一日の疲れやストレスを発散することができます。

目的意識がなかなか付かない方は、ジムに通うのもオススメ!

②趣味を持つ

趣味は、自分自身のためだけの時間を作ることができ、

心身ともにリフレッシュできます。

趣味がある人は、自分の好きなことに没頭することで、

ストレスを忘れることができますよね。

趣味は、何でも構いません。

読書

映画鑑賞

ゲーム

音楽

カラオケ

スポーツ

など、自分の興味や好みに合わせて選ぶと良いでしょう。

休日や空いた時間に、趣味に熱中してみましょう。

③リラックスする

アクティブに動き回るだけがストレス解消ではありません。

静かにリラックスすることも、

ストレス解消に効果的です。

リラックスすることで、心拍数や血圧が下がり、

自律神経のバランスが整います。

リラックスする方法は、人それぞれですが、

アロマテラピー

マッサージ

瞑想

ヨガ

入浴

睡眠

これらの方法は、自宅で簡単にできるものです。

自分の好きな香りや音楽を取り入れたり、

温かい飲み物を飲んだりすると、よりリラックス効果が高まります。

④自然を感じる

悩みを解消できないときは、

大自然を肌で感じるのも一つの方法です。

自然に触れることで、気分が晴れやかになったり、

気持ちが落ち着いたりすることがあります。

これは、自然が持つ癒しの力によるものです。

自然を感じる方法は、以下のようなものがあります。

森林浴

海水浴

花見

星空観察

ペットと遊ぶ

これらの方法は、都会ではなかなかできないものもありますが、

近所の公園や動物園などでも自然を感じることができます。

季節や天候に合わせて、

自然の美しさや豊かさを感じてみましょう。

⑤交流会やコミュニティーに参加する

交流会やコミュニティーでは、

同じ保育士という共通点を持つ人たちと出会うことができます。

そこで、気の合う人と仲良くなったり、

プライベートで遊んだりすることで、

楽しい時間を過ごすことができます。

また、仕事以外の趣味や関心事について話したり、

一緒に楽しんだりすることで、 ストレスを忘れたり、

リフレッシュしたりすることができます。

おわりに

保育士におすすめのストレス解消法を5つご紹介しました。

ストレスは、溜め込まずに上手に解消することが大切です

自分に合った方法を見つけて、

ストレスと上手に付き合っていきましょう。

ストレスを発散してまた子どもたちと笑顔で会いたいですね!

月最大4万円程度のお給料アップ!無料・少人数制のオススメ研修

受講した保育士の満足度98%詳しくは画像をクリック