知って得する!言葉のリフレーミングとは?マネジメント編

キャリアップ研修お役立ち記事
言葉のリフレーミングマネジメント編

東京都保育士等キャリアアップ研修にも、マネジメント分野があるほど、保育士にとってもマネジメントは重要視されています。

ただ「保育士のマネジメントって何をすればいいの?」と思う方も多いはず。

まずは、すぐに始められる言葉のリフレーミングについて一緒に考えていきましょう!

言葉のリフレーミングとは、ネガティブな表現をポジティブな表現に置き換えることです。

これにより、子どもたちに対する声かけや後輩に対しての助言の際に、より前向きなものになり、個々の自己肯定感を高めることができます。

では実際にどんなリフレーミングができるか、紹介いたします。

質問形式にしてますので、少し考えてみてください!

言い換え例一覧

やってられない

大変だ

面倒くさい

ピンチ

疲れた

忙しい

できません

ルーズ

言うこと聞かない

落ち着きがない

暑い

寒い

がんばれ!

なんでできないの?

しなくてはならない

質問①

やってられない

大変だ

面倒くさい

ピンチ

疲れた

どう言い換えたらポジティブな表現になりますか?

リフレーミングの例

やってられない→やりがいがある

大変だ→エキサイティングだ

面倒くさい→いい機会だ

ピンチ→チャンス

疲れた→今日も一日よくやった

質問②

忙しい

できません

ルーズ

言うこと聞かない

落ち着きがない

どう言い換えたらポジティブな表現になりますか?

リフレーミングの例

忙しい→充実している

できません→こうだったらできます

ルーズ→おおらか

言うこと聞かない→自分意思がある

落ち着きがない→行動的

質問③

暑い

寒い

がんばれ!

なんでできないの?

しなくてはならない

どう言い換えたらポジティブな表現になりますか?

リフレーミングの例

暑い→暖かい

寒い→涼しい

がんばれ!→がんばってるな

なんでできないの?→どうしたらできそう?

しなくてはならない→こうすると決めた

次回は保育現場でよく使う言葉のリフレーミングを一緒に考えていきましょ!

人財育成協会の東京都保育士等キャリアアップ研修!

受講した保育士の満足度98%詳しくは画像をクリック

2023年度から受講必須化となっている保育士等キャリアアップ研修は、保育士等の専門性の向上、リーダー的職員の育成を目的とした制度です。

給与改善にもつながる制度で、月最大4万円程度のお給料アップします。

また、研修費用は支援制度の活用で抑えられるため、負担が少ないく、人財育成協会の場合は、受講料・テキスト代無料です。

人財育成協会の東京都保育士等キャリアアップ研修では、対面でグループワークなども豊富な研修ですので、身につきやすく現場ですぐに活かせる内容となっています!

気になる方は、研修一覧より詳細をご覧ください!

  • 知って得する!言葉のリフレーミングとは?保育実践編 | 一般社団法人 人財育成協会 より:
    あなたのコメントは管理者の承認待ちです。これはプレビューで、コメントは承認後に表示されます。

    […] 詳しくは前回の投稿をチェック! […]